北海道印刷工業組合|健全な企業経営基盤の確立のため、調査研究・情報提供・教育研修などの活動を続けています。

明日に向かって「魅力ある印刷業界づくり運動」を推進しています

北海道印刷工業組合ホーム >  ニュース&トピックス  > 電気料金再値上げに対し要望を行いました(北海道印刷関連業協議会)

電気料金再値上げに対し要望を行いました(北海道印刷関連業協議会)

北海道印刷関連業協議会は、経済産業省、経済産業省北海道経済産業局、北海道ならびに北海道電力(株)に対して、「電力料金再値上げに関する要望」として(1)電力料金の再値上げの回避もしくは抑制、(2)電力の安定供給についての2点の要望を行った。

北海道印刷関連業協議会は、このたびの、北海道電力の昨年に続く電気料金の再値上げ申請について、中小・小規模印刷・同関連企業の自己努力の限界をはるかに超えたものであり、事業活動の継続を危うくさせ、雇用をはじめ地域経済と道民生活に大きな影響を及ぼすことは必至であり、製品転嫁能力や節電手段に乏しい中小・小規模印刷・同関連業が、事業活動を継続していくためには、「電気料金の再値上げの回避もしくは抑制」と「電力の安定供給の実現」が不可欠であるとし、「電力料金の再値上げに関する要望」を行った。

要望は、10月6日、7日の両日、板倉清北海道印刷関連業協議会会長(北海道印刷工業組合理事長)と伊藤克義北海道印刷工業組合専務理事が、経済産業省北海道経済産業局、北海道、北海道電力株式会社に出向き、業界の現況を説明し、要望書を手渡した。

« 電気料金再値上げに関する要望 »

電気料金再値上げに関する要望Pdf139KB

このページのトップへ

Original text and graphics © 2016 Hokkaido Printing Industry Association.