北海道印刷工業組合|健全な企業経営基盤の確立のため、調査研究・情報提供・教育研修などの活動を続けています。

明日に向かって「魅力ある印刷業界づくり運動」を推進しています

北海道印刷工業組合ホーム >  ニュース&トピックス  > 道内自治体に「東北地方太平洋沖地震による受注印刷物の納期延長及び代替資材の使用に関するご理解とお願い」を要請

道内自治体に「東北地方太平洋沖地震による受注印刷物の納期延長及び代替資材の使用に関するご理解とお願い」を要請

北海道印刷工業組合は、東北地方太平洋沖地震により、印刷主材料である製紙・インキ等の工場の操業停止、在庫の枯渇、交通網の寸断で用紙、インキ、刷版等の印刷材料の供給が逼迫していることから、受注している印刷物の納品に影響を及ぼす懸念があるため、3月15日に全印工連会長と連名で、北海道知事、9つの北海道総合振興局長、5つの北海道振興局長、道内179の市町村長に対して、「東北地方太平洋沖地震による受注印刷物の納期延長及び代替資材の使用に関するご理解とお願い」の要請を行った。

東北地方太平洋沖地震による受注印刷物の納期延長及び代替資材の使用に関するご理解とお願いicPdf.gif 108KB

東北地方太平洋沖地震による受注印刷物の納期延長及び代替資材の使用に関するご理解とお願いword.gif 37KB

このページのトップへ

Original text and graphics © 2016 Hokkaido Printing Industry Association.